複数一括認識

複数一括認識とは?

製品や商品の外箱や梱包ケースには様々な形式にて情報が記載されていますが、それらの情報をカメラ撮像により一括認識し、入荷データや出荷データを自動作成いたします。

例えば薬箱の場合

batch_recognition_img1

箱の側面には様々な情報が印刷されています。
その側面をカメラで一度に読み取ります。
文字読み取り・数字読み取り・バーコード読み取り(QRコードも可能です)の一括認識です。

認識不良の場合は、フェイルセーフアルゴリズムにより“リトライ”や“エラー”に展開いたします。

複数一括認識の可能性

会社によって取扱う物や製品、管理体制など全てが異なります。
弊社はINSP画像処理エンジンを使用し、貴社にあったオリジナルの管理システムをご提案することが可能です。
これにより手作業による工程を省略でき、ケアレスミスを無くしたシステムを構築することができます。

ご提案例1

例えば、卸業者様で在庫管理に活用していただけます。
入荷時に梱包箱を読み取り、入荷データを作成しておけば、在庫管理や出荷手配などもスムーズに行えます。

人手で入力していた入荷情報は、オリジナルにカスタマイズされた複数一括認識システムにより作成されることになります。つまり、自動的に正確な入荷情報、在庫情報が作成されるのです。

これはケアレスミスを防ぐと共に、入力の手間などのコスト軽減に繋がります。
また、出荷時の先入れ後出しなど、商品価値を下げてしまうようなミスも防ぎます。
在庫管理をするのにお役だてください。

 

ご提案例2

例えば、農産物などの出荷に活用していただけます。

農産物は季節や地域により生産品が違い、サイズや規格もマチマチです。
鮮度が重要な生産物の取り扱いは、スピードと正確性が重要です。

複数一括認識を活用すると、バーコード情報がない梱包箱の文字情報も読取ることでき、商品名、等級、サイズ、数量などを一括で認識し、入荷・集荷・出荷データとして迅速かつ効率的な商品管理が可能になります。

花木市場、青果市場などで順次セリに掛けられる商品のデータ管理にもお役だていただけます。

batch_recognition_comment