画像処理テクノロジー

マシンビジョン とは?

like_human_eye
マシンビジョンとは、人間に代わって特定用途の目視検査をするシステムのことです。高速かつ細部にわたる検査・分析を画像処理技術により行います。

GigE Vision とは?

GigE Vision は Automated Imaging Association (AIA) によって定められた規格です。この機関にはマシンビジョン業界の主要な企業が揃って名を連ねており、マシンビジョンのアプリケーションに適した、カメラや ソフトウエア間の互換性を保つギガビットイーサネット規格を定めることを目的としています。

なぜ GigE Vision なのか?

GigE Vision は、産業および消費者の両市場において広く浸透しているイーサネット技術に基づいているため、必要なコンポーネントは非常に安価に入手することがであり、 また使用するPC に既にインストールされている場合も多々あります。アナログカメラやCamera Link インターフェースを使用する場合に比べて高価な画像入力ボードが必要ないため、システムのトータルコストを大幅に削減することが可能になります。

近年までネットワークの帯域はイーサネット(10Mbit/s)および高速イーサネット(100Mbit/s)であり、マシンビジョン用途には不十 分なものでしたが、ギガビットイーサネット(1000Mbit/s)の出現によりリアルタイムで非圧縮の画像を転送するのに十分な帯域を確保することが可 能となりました。さらに、ギガビットイーサネットは将来的に10Gbit/s というさらに大きな帯域への拡張も見込まれています。

 

GigE Visionとは、本質的に、イーサネット技術を基にマシンビジョンの要求を満たすように設計されたインターフェース規格なのです。