動画認識

動画認識とは

video_recognition_2
工場や施設の稼働状況の管理、商業施設、病院、学校内の防犯・防災管理、 支店、店舗の入客状況管理・防犯など現代社会においてはあらゆる場面で防犯カメラや監視カメラが活躍しています。

録画サーバーに保存された動画の閲覧や録画映像の再生は可能ですが、確認したい場面を探すのには時間がかかります。

動画認識技術を用いれば、見たい場面を探すために多くの時間を必要としません。

あらかじめ確認したいシーンをテンプレートとして保存しておけば、類似シーンをシステムが自動的にインデックス化します。これにより、探したいシーンや特定事象を簡単・高速に表示させることができます。

 

 

動画認識の活用

video_recognition_1例えば、”立入禁止区域の動体検知”、”持ち去り検知”、”進入禁止路への侵入”などをテンプレートにして設定しておけば、アラームを鳴らしたり、自動的に事例をインデックス化し、画像をメールなどで必要な相手に通知することも可能です。

製造の現場では、生産ラインに問題があったとき、関連する映像をリスト化することができます。問題個所の映像を分析すれば、改善が早くなります。

また、物流の現場では、今まで画像処理を利用したソリューションは皆無といっていいでしょう。

当社では、新しい発想による物流管理を提案しています。

video_concept