会社沿革

1997年4月 インターネットサポート有限会社設立
1998年7月 インターネットサーバーの構築
1999年9月 業務拡張のため増員及び移転(刈谷市大正町)
2000年2月 業務拡張のため増員及び移転(安城市二本木町)
2001年4月 インターネットサポート有限会社からインターネットサポート株式会社へ組織変更
2001年9月 NipSys Technologies (P) Ltdと業務提携(2002年8月 業務提携解消)
2002年9月 INDIA開発センター(自社設備)開設(Chennai)
Jubilo磐田、清華大学等と自動追尾を共同研究
2005年2月 株式会社シフトと業務提携
弊社の画像処理技術を用いてカメレオンコード開発に着手
2009年8月 業務拡張のため移転(刈谷市若松町)
2009年8月 医療分野でのR&D開始
(慈恵医科大学助教監修によりスタート)
2009年9月 3次元オブジェクト認識(位置姿勢認識)R&D開始
(カメレオンコード品質向上プロジェクト:UFJ技術育成財団より助成金交付)
2010年8月 外観センサーR&D開始
印刷面認識R&D開始
エッジ検出と色成分認識によるパターンマッチング技術を用いた画像処理を
産業シーズに合せた具体化に着手(外観処理、文字認識など)
2011年4月 戦略的基盤技術高度化支援事業採択事業(ダイマツウ社‐NCD社)に参画
画像処理によるギョウチュウ卵の発見
2011年8月 インターネットサポート株式会社から株式会社インスピーディアへ社名変更
2011年8月 慈恵医科大学と画像処理プロジェクト開始
2011年9月 Laser Picking 販売開始
2011年12月 CeMAT India (インド:バンガロール)に Laser Picking 出展
2012年1月 インド事業所(MSS)増員 (営業部門増員により販売体制強化)
2012年3月 レーザーピッキング商標登録
2013年4月 レーザーピッキング特許取得
2013年10月 東京慈恵会医科大学と特許共同申請(画像処理医療分野へ応用)
2014年12月 弊社技術がYOKOMO社主催のドリフトミーティング スペシャルラウンドにて使用
2016年4月 LaserPickingの需要拡大事業が、経済産業省「地域産業資源活用事業」として認定
2018年10月 AI(人工知能)事業開始